20代から資産運用

若いときから投資を始めるメリット

投資は単なる金儲けではありません。生きていくために必要な生活術です。

ライフプランを考える

結婚や子育て、マイホーム購入、老後の生活費など、人生の節目ではまとまったお金が必要になります。 必ずしもお金イコール幸福とは限りませんが、金銭的余裕があれば選択の幅が広がります。 詳しくは人生設計をごらんください。

投資の必要性

自民党政権の国債発行残高は2005年末時点で800兆円に到達する勢いです。 国債は国の借金ですから、最終的には国民が増税という形で負担することになるでしょう。 詳しくは大増税時代で解説しますが、税負担は重くなり、労働による収入だけでは、真面目に働いても下流社会に属してしまう可能性があります。

また、現在20代から30代の人が将来受け取ることのできる年金は、老後の生活資金に十分でないことがほぼ確実です。掛金を下回る可能性もあります。 詳しくは年金問題で解説しますが、年金は金融商品として全く魅力の無いものです。

自分年金(不労所得)を作るためには、どうしても投資が必要となります。 投資は儲けるためでなく、生きるために必要になっています。

早く投資を始めるメリット

安定運用を狙える

仮に目標が40才で1億円の資産形成だとしましょう。 早く資産運用を始めれば始めるほど複利(運用利益を元手に繰り入れる)の恩恵が大きくなります。 その結果、低い運用率(安定した資産運用)で資産形成が可能になります。

リスクを取りやすい

長期投資であれば、ハイリスクハイリターン金融商品を購入することもできます。 仮に一時的に元本割れしても、長い目でプラスになれば良いからです。

損失も勉強のうち

若いうちに投資を始める理由は、経験を積む、ということもあります。 もしかしたら一番重要なことかもしれません。 若いうちから投資を体験することで、将来資金に余裕のできた時に、効率的な資産運用がしやすいでしょう。

長期投資については、長期投資のメリット長期投資のデメリットをごらんください。

一刻も早く投資を始めよう。

投資は早く参加したほうが経験などの点で有利です。 このため、当サイトは「20代から始める」というテーマを持っています。

自立した生活をしている人は投資を始めよう、という意図で「20代」とつけています。 始めるのは早いほうがいいですから、投資資金があるのであれば、10代から投資を始めるのも全く問題有りませんし、むしろお薦めします。 ただし未成年者は保護者の同意を得てから行ってください。

投資の基礎知識
20代の資産運用
結婚
年金
外貨投資
外国為替証拠金取引
株式投資
投資やお金について学ぶ本
家計簿比較
金融電卓
不動産投資
投資信託
お金の資格