投資をしないリスク

現金とインフレリスク

投資はリスクがあるのでしない、というかたに。 現金や銀行預金のリスクについて解説しています。

現金のリスク

投資すると元本割れする可能性があるが、現金で持っていれば資産は減ることは無い、と考えるかたもいるかもしれません。 確かに、(空巣やひったくり等の被害を除けば)額面上は減らないでしょう。 しかし、インフレ対策が無い、というリスクがあります。

貨幣の価値は一定ではありません。 例えば石油価格高騰で、ガソリンの値段が上がると、一万円で買えるガソリンの量は減りますね。 これは現金の価値が減ったことと同じです。 このように、インフレになると、同じ一万円でも買える商品は減ります。

さらに、近い将来、消費税率が上がる可能性が高いです。 消費税率が上がれば、実質インフレですから、現金の価値は下がります。

銀行預金のリスク

銀行預金自体は、元本保証で、雀の涙ほどの利息がつきます。 しかしながら、現金同様、インフレリスクには対応できません。 インフレの度合が利息を上回れば、資産価値は下がることになります。

また、銀行の信用リスクもあります。 銀行預金は、預けている銀行が倒産した場合戻って来ません。 経営の安定した銀行に預ける必要があります。 なお、1000万円までは預金保険により保護されるようですが、それをあてにするようではいけませんね。

投資の基礎知識
20代の資産運用
結婚
年金
外貨投資
外国為替証拠金取引
株式投資
投資やお金について学ぶ本
家計簿
不動産投資
お金の資格