誰も書けなかった年金の真実

誰も書けなかった年金の真実―あなたがもらえなくなる日

アマゾン購入感想

年金を語るには知識が浅過ぎ著者はテレビで年金について語っているが実務経験はあるんだろうか?
何百万人もの人間が見ていることをもっと重くとらえて発言していただきたい。
年金の現場にいる側からしたら、間違っていることを堂々と語る姿は甚だ滑稽にしかうつらない。

読み易さではダントツ! これまで荻原博子→岩瀬達哉→長妻昭→保阪展人と年金問題関連の本を色々読んで来たが、読み易さは本書がダントツ。冒頭に置かれた、ある高齢者からの年金受給についての体験談の投書も「さもありなん」って感じで、掴みとしては効果的。

 著者の主張で「国民年金は加入した方が得」ってのは納得いかない。現在、国民年金の支給額が生活保護の額より低いんだから、国民年金には加入せずに、生活保護受けた方が特だと思う。又、著者は、はしか予防接種の義務化を支持しているが、これこそ自己責任なので、広報活動を徹底するくらいに留めておくべきでは?

 タイトルにある「誰も書けなかった」の真意は、結論部分で「現在の高齢者は年金を沢山貰い過ぎている」という、メディアでは一種タブーの高齢者バッシングが含まれている事ではないだろうか?

期待通り(要約)なぜ、誰も書けないのか?
ずばり、今のお年寄りは自分がかけた年金より不当に高い金額をもらっているから。
現行の年金制度で得する世代は、1965年以前の人(つまり今42才以上の人)
だからきちんと記録さえできていれば、何もしない方がいい人が中高年だということ。
そして、その人たちはよく選挙にいくので、若い世代は後回しにされていること。
また、基礎年金を現在の2分の1から全額税負担にすると、消費税を12%にしないといけないから。
また、現行では国民年金をもらうより、生活保護の方がたくさんもらえるから。

現在日本の金融資産は1400兆円あり、その4分の3は60才以上がもっている事実。
しかし、高齢者が「経済的弱者」であるという施策が政治の世界ではまかり通っていること。
なぜなら、高齢者は選挙の時、必ず投票に行く日本で最大の「政治的強者」であるから。
政治的パワーが弱い若者が割を食っているのが、今の日本の構図である。
以上のようなことが印象に残りました。

辛抱さんが書いただけあって、全体に読みやすく痛快に書かれています。
「ズームイン」や「たかじんのそこまで言って委員会」のファンからのコメントでした。

ちょっとがっかり誰も書けなかった年金の真実?
結構テレビなんかで見てる内容でした。
テレビをあまり見ていない人ならいいかも。

投資、税金、年金、リタイア生活まで、マネーの国家資格ファイナンシャルプランナー

確定拠出年金掛金全額所得控除で節税

アフィリエイトで稼ぐ方法ウェブ広告収入で年金的収入

がんばる私の家計簿ダイアリー任天堂DSで家計管理

小額から投資信託を買うなら千円積立投資

Copyright (C). 2005-2010.20代から始める長期投資 All rights reserved.

投資の基礎知識
20代の資産運用
年金
外貨投資
外国為替証拠金取引
株式投資
投資やお金について学ぶ本
金融電卓
不動産投資