資本論(マルクス)

資本主義経済の詳細な解説書

共産主義のイメージが強いが、実際は優れた経済の解説書である。 貨幣経済、労働と賃金の関係など、経済の必須知識を得るために読むべき。

マルクス・コレクション(4)

「資本論」とは

マルクスの主な著書で、資本主義の発達過程、 労働と賃金の関係などが詳しく解説されている。 資本主義により生産性が向上することなど、 資本主義の仕組みの分析も詳しい。 共産主義の思想本としてではなく、経済の解説書として優れている。

経済学の予備知識は必ずしも必要ではないが、大部なので、 手軽に読みたい人は、 「賃労働と資本」、 「賃銀・価格および利潤改版」 をお薦めする。

カールマルクス氏について

共産主義の政治思想家として有名。 資本主義の問題を指摘しつつも、資本主義自体は必要な過程であり、 資本主義が成熟した後に共産主義に至る、と主張している。

思想としては理想主義的で、計画経済など現実離れした部分もある。 しかしながら、「資本論」や他の著書における貨幣経済の分析は詳細で、 経済の仕組みを学ぶのに非常に役立つ。

資本が拡大再生産する仕組み、労働と賃金と搾取の関係など、 資本主義社会で生きるために必要な知識を得ることができる。 ぜひとも読んでおきたい。

楽天で「カールマルクス」を検索する

Amazonで「カールマルクス」を検索する


投資の基礎知識
20代の資産運用
結婚
年金
外貨投資
外国為替証拠金取引
株式投資
投資やお金について学ぶ本
家計簿
金融電卓
不動産投資
お金の資格