確定拠出年金のメリット

運用商品が選べる年金

確定拠出年金は、加入者が掛金や投資商品を選択できる自由度の高い年金です。 運用益が非課税、掛金が所得控除対象など、税金の点でも得です。

商品選択の自由

加入者が運用商品を選ぶことができます。 元本保証商品での運用も、ハイリスクハイリターン商品での運用も可能です。 どの管理機関でも必ず元本保証の商品が用意されています。 個別商品への振分額も自分で決めることができます。

掛金の設定が可能

確定拠出年金は、加入者が月5,000円から月68,000円(年816,000円)まで1000円単位で自由に掛金を設定することができます。 (金額は2006年現在の個人型年金の場合。加入している年金の種類等によっては68000円より少なくなります。例えば会社員で勤務先に企業年金制度がある場合の企業型確定拠出年金は月23000円まで)。 掛金の金額は年一回変更可能です。

運用益が非課税

通常の金融商品では20パーセントが税金となりますが、確定拠出年金で運用した成果には課税されません。 運用益全てを元手に繰り込むことで、複利での運用が可能になります。

小規模企業共済等掛金控除

確定拠出年金は掛金(月68000円まで)が全額所得控除されます。 民間の個人年金と比べると税制面でかなり優遇されています。

受け取り方法の選択権

確定拠出年金で運用した資産は、年金のように毎年受け取ることもできますし、一時金として受け取ることもできます。 年金として受け取る場合は公的年金控除が受けられます。 一時金として受け取る場合は退職所得控除が受けられます。

60才で受給可能

50才までに加入した場合は60才から受け取ることができます。 50才以降に加入した場合は受給開始時期が遅くなります。 (国民年金は65才から受け取り開始です。)

※2006年12月現在の情報をもとに個人型確定拠出年金の場合を紹介しています。

イー・トレード証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K) に申し込むと、確定拠出年金の積立額50万円以上で管理機関に支払う口座管理手数料が無料になります。


ホームページ広告で自己年金!アフィリエイトで稼ぐ方法

投資の基礎知識
20代の資産運用
結婚
年金
外貨投資
外国為替証拠金取引
株式投資
投資やお金について学ぶ本
家計簿比較
金融電卓
不動産投資